病気があっても入れる!そんな夢の保険があります

引受基準の緩和

病気と関係が深い、そんな人でも入れる保険があります。それまでは「入れない!」とホゾを噛むしかなかった人も、にっこり笑顔になれるのです。そのカギは「引受基準の緩和」にあります。

Read More

保険と告知

病気と保険の関係を考えるとき、「告知」というものを分けて考えることは出来ません。それが保険を利用するために必要なものであり、しかも障害安泰に暮らすためには、いちばん大事なものなのです。

Read More

条件のクリア

いかに「病気でも入れる保険」とはいえ、誰でも彼でもウェルカムというわけではありません。一定の条件をクリアしていなければならないという決まりがあります。とはいえそれほど厳しい条件ではないので、安心してください。

Read More

保障について

保険によって保障してもらえるもの。それは、各保険商品によって違います。では、病気と深い関わりを持っている人でも入れる、そんな保険の場合にはどういうことが言えるのでしょうか。

Read More

相談と診断

病気との関わりに思いを馳せ、「自分は保険に入れるのだろうか」と悩んでいる人は、1人で悩まずにまずは相談、そして診断してもらいましょう。無料で相談可という保険の専門家たちがいます。

Read More

病気と保健

自動車事故を起こした時のサポートで選ぶ自動車保険のおすすめはドライバーの事を考えた保障サービスが充実しているから人気です。

保険の役割

そもそも保険とは何でしょうか?簡単にいえば、それは「もしもの備え」です。
必ずそういうときがくるとは限らないけれど、こないという保証はどこにもない。もし来たときのために、焦らなくても済むよう備えは万全にしておこう。
そういうわけで、準備するのが保険なのです。「保険にとっておく」ということは、私たちは日常生活の中でよく目にしたり耳にしたりします。
何かについて話し合っているときに、最終的に結論ゼロということにならないために、ある意見を保険でとっておく、ということはよく行われます。
役に立つか立たないかは、そのときになってみなければわからない。でも、それがありさえすれば、もし「そのとき」が来ても困らずに済む。そういうことなのです。
たとえば、病気になったとき、思いもよらぬ事故が起きたとき、そのほか生命や財産、人が生きるのに必要なモノが急に断たれるかもしれないという岐路に立ったとき、役に立つのが保険なのです。
医療保険にさえ加入しておけば、毎月の保険料は支払わなければならないけれども、もし病気になったというときには、加入しておいたことが役に立ちます。

病気した人

ただし、これまでは重い病気をしたことがない人が、もしそうなったときでも困らないようにということで加入する保険が多かったのも事実です。
健康な人のための「備え」であって、現在病気を持っているとか、かつて大きな病気に罹ったとか、そういう人にはなかなか扉が開かれなかったという歴史があります。
なぜ保険に入るのが難しいのかというと、もちろん立場は変わりませんが、過去に病気をしたり今持病を持っていたりする人のほうが、将来的に病気になる可能性が高いからです。
そういうわけで、これまでは、病気と深い関わりにある人と保険とは、なかなか相容れない関係にあったのです。
しかし、その状況も少しずつ変化し始め、今では病気を持っていようといまいと、保険に入れる時代に突入しました。
生命保険や医療保険、癌保険のようなものにも、入れる時代になったのです。